印刷する

サンディスクのX210 SSDの販売を開始

2013年9月5日
シネックスインフォテック株式会社

シネックスインフォテック株式会社(本社:東京、代表取締役社長 & CEO:松本芳武、以下「シネックスインフォテック」)は、フラッシュメモリーストレージソリューションで世界をリードするサンディスクコーポレーション(NASDAQ: SNDK)のSATAベースX210 SSD (ソリッドステートドライブ)の販売を9月12日より開始致します。クラウド化で伸長する法人向けデータセンター・サーバー市場では、SSDの性能向上と、消費電力削減の市場ニーズの高まりから、SSDの活用に注目が集まっています。シネックスインフォテックではこのような背景から、SanDisk X210 SSDを付加価値再販業者(VAR)、OEM事業者、組込システム事業者などを通じて、法人向け市場に提供します。

法人向けPC市場では、クライアントPCの高速化のため、SSDの活用が進んでいます。また企業においては、クラウドコンピューティングの導入が進みパブリック、プライベートともにクラウド市場が伸長しています。さらにサーチエンジンの高速化要求、ストリーミング利用の急速な拡大を背景に、データセンター事業者はより高速で、継続的にデータへのアクセスを可能にしながら、消費電力を削減できるSSDの活用に注目しています。シネックスインフォテックは、こうした要件に応えるサンディスクコーポレーションのX210 SSDをデータセンター事業者に向け展開を図っていきます。また、従来HDDが利用されてきたOEM市場・組込み市場においても、SSDの性能向上によりユーザからの期待が高まっており、さらなる販路の拡大を目指します。

製品の特長

SanDisk X210 SSDは19nm MLC NANDフラッシュを使用し、エントリーレベルのサーバーやデータセンターのマイクロサーバーの性能と電力効率を改善します。nCacheTMアクセラレーションテクノロジーなど、独自の高性能階層型システムアーキテクチャーを採用し、先進の電力マネージメントテクノロジーを採用することで、SanDisk X210 SSDは高い信頼性と、ブートスピード、データ転送スピードを高め、PCやNote PCユーザエクスペリエンスを向上します。
詳しくはhttps://businesspartners.sandisk.jp/Japanese/をご覧ください。

「SYNNEX IT Conference 2013 TOKYO」にて、SanDisk X210 SSDを展示

9月12日に開催する販売店向けのイベント「SYNNEX IT Conference 2013 TOKYO」にてSanDisk X210 SSDを展示いたします。会場では、実際にお試しいただけます。
SYNNEX IT Conference 2013 TOKYOについての詳細は (http://www.event-info.com/synnexitc2013/) をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

〒135-8559
東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスインフォテック株式会社
プロダクト・マネジメント本部 マーケティンググループ

E-mail:pr@synnexinfotec.co.jp

印刷する

2013年へ


まったく新しい、検索+発注システム ECNex

ECNex

シネックスインフォテックの取り扱っている商品の検索、見積、発注ができるWEBシステムです。

HP Distributor

シネックスインフォテックは、HPとの強力なパートナーシップを活かし、ビジネスに最適なソリューションを提案いたします。

弊社取り扱い注目ブランド紹介

シネックスインフォテックが取り扱う注目ブランドをご紹介いたします。

  • プライバシーマーク
  • ISO14001

古物営業法に基づく表示 シネックスインフォテック株式会社 東京都公安委員会許可 許可番号 306630205140