リユース・リサイクルサービスの記事が 月刊誌「M&D Report」 2007年8月号(株式会社MM総研発刊)に掲載

2007年7月26日

当社のリユース・リサイクルサービスに関する記事が、株式会社MM総研より発刊の 月刊誌「M&D Report」2007年8月号 No.134の記事として掲載されました。掲載内容は、以下の通りです。本リリースの掲載に関しては、株式会社MM総研の了解を得て掲載しております。同誌の詳細につきましては、同社にお問い合わせください。

V.経営 3.06年度国内中古PC市場 PART1  二極化が進む国内PC市場 Windows Vista 発売でXP搭載モデル需要が拡大

06年度の中古PC市場は、「販売台数と売上を着実に拡大する事業者」と「中古PCビジネスを見直す事業者」の二極化が進行した。市場内では、大手リース事業者や再生事業者によって流通構造が確立されてきており、企業から排出される中古PCを中心に仕入を行う中古PC業者の中には、ビジネス自体を見直す事業者も出てきている。
また、07年1月30日にWindows Vistaが発売され、中古PC市場において前OSであるWindows XP搭載モデルの需要が高まり、特に量販店系の事業者において、売上増加や販売台数の増加が見られた。今号と次号に渡って、同市場における最新動向と各事業者の取組みを特集する。

積極的な環境ビジネスで循環型社会に貢献 〜丸紅インフォテック株式会社

丸紅インフォテックは1962年に設立。時代のニーズに合わせたパソコン関連商品の販売を拡大してきた。2000年にISO14001を取得。01年、パソコンのリユースを開始し、買い取りサービスとリサイクルサービスを「ITライフサイクルサービス」と位置付けて展開している。不要パソコンは主に企業・文教・官公庁から引き上げ、厳しい選定基準をクリアした提携会社にて回収し、万全なセキュリティー環境を完備する再生処理工場でデータ消去・再生処理を行っている。再生処理は、「廃棄物処理法」に準拠した適切な処理方法を用いながら、手分解・手選別による徹底した素材分解、マテリアルの再資源化を行い、リサイクル率98%の廃棄物減量化で社会貢献に寄与しており、「万全なセキュリティー環境とIT全般に精通する大手ならではの安心感が付加価値」として顧客にサービスを提案している。

Vistaのインパクトについては、「リリース当時は、Windows95以来12年ぶりのフルモデルチェンジということでパソコン入れ替えの需要に変化が起こるのではと大きく期待していたが、実際の変化は期待ほど大きくなかった」(同社広報)という。しかし、機能は確実に強化されているので、今後エンタープライズ向けの需要が膨らんでいくことへの期待度は高い。

同社は中古パソコン関連ビジネスを「環境ビジネス」として捉え、単なる廃棄処理ではなく地球環境の保全・循環型社会の実現に向けた再資源化サービスを行いながら積極的に取り組んでいる。社会的なリユース/リサイクルの認知度はまだまだ低いため、同ビジネスの裾野はこれから一層広がっていくと見ている。今後も販売・導入支援からリプレイス・再資源化までの「ITライフサイクル」全体をカバーする「トータルサービス」の提案に注力していきたいとしている。

株式会社MM総研について

〒105-0011
東京都港区芝公園1丁目2番4号 エス・ティビル7F
株式会社MM総研
TEL:03-5777-0161(代表)
FAX:03-5777-0163

本件に関するお問い合わせ

〒135-8559
東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
丸紅インフォテック株式会社 経営企画部 環境ビジネス課
TEL:03-5665-8692
FAX:03-5665-8510

2007年へ


まったく新しい、検索+発注システム ECNex

ECNex

シネックスインフォテックの取り扱っている商品の検索、見積、発注ができるWEBシステムです。

HP Distributor

シネックスインフォテックは、HPとの強力なパートナーシップを活かし、ビジネスに最適なソリューションを提案いたします。

弊社取り扱い注目ブランド紹介

シネックスインフォテックが取り扱う注目ブランドをご紹介いたします。

  • プライバシーマーク
  • ISO14001

古物営業法に基づく表示 シネックスインフォテック株式会社 東京都公安委員会許可 許可番号 306630205140